タグ:ハワイでクリニックに行った話 ( 7 ) タグの人気記事

f0352712_15314855.jpg

Vita Coco 2本で3ドル弱 ロングスでセールでした。
後ろのマイクロウェイブ、レトロな感じがしませんか?(コンドのキッチン)

では、前回の続きです。
本院で検査をして結果が出たのは4月も中旬、やはり新しい右乳がんでした。
かくして5年振りに主治医に再会、主治医が変わらなかったのは
大変ラッキーでした。
結果は残念だったのですがこれからまた10年お世話になることに
なりました。

幸い早期だったので、右乳房温存手術をしました。丁度2年前の7月。
今回はリンパ節郭清もセンチネルもしていません。
ただ術後の病理結果で断端にがん細胞が見られたのでまたしても放射線治療をする
ことになり8月~9月にかけて通ったのです。

そして今現在に至りますが、現在はアリミデックスを服用して2年
あと3年続ける予定です。

此処に至るまで、この間、乳がんとは関係のないイレウス(腸閉塞)の手術を2回
(こちらの手術・入院生活のほうが大変でした・・・これについては近い内にまた
書きたいと思います)
してますのでどんどん痩せて行き今現在37キロ
痩せた身体に鞭打ち~(笑)ながら何とか元気に暮らしております~。

そして、特にお願いしたいのは年齢に関係なく、また忙しいという理由で検査を
受けていない多くの女性の方達に必ず年一度の検診を受けて欲しいことです。
自分でわかるほどおかしいな~と思ってからでは手遅れになるからです。
今では乳がんは早期でわかれば必ず治る時代になってきたのですから。

More 今まで書かなかったのは・・・
[PR]
by days_aloha | 2015-07-22 16:29 | Hawaii2015 | Trackback
f0352712_15265328.jpg

今回ハワイ島のビックで買ったクッキー・・・定番のものばかり^^

さて、前回の話の続きです。
日本に帰国したのが11月10日、荷物を片付ける間も無く主治医の
外来が11月12日、そして入院が11月14日となりました。
忙しいの何のと考える間もなく決まっていきます。

入院してから検査、検査と繰り返し、再発とは考えにくい、やはり
放射線の関係だろうとの結論に達しました。

といってこのまま処置して治るわけではなく左胸全体を覆う膿瘍は
手術するしかないとのことで、手術は11月25日に決定。
温存乳房はほとんど全摘することになりました。

この時の入院、患者の多い病院故こんなにすぐに病室が空いている訳もなく
これもハワイから主治医に連絡していたお陰でした。

その後、手術も無事に済み、12月初旬に退院となりました。
そしてこの手術をした翌年春から主治医ががん研有明に移動することになり
私もそれからは有明に通うようになったのです。

そして、乳がんの経過観察の10年も過ぎ無事に卒業ということになりました。
有明では10年の経過観察が終わると卒業証が渡されます。(A4のプリントですが)
そこには10年を無事経過されおめでとうございます・・・
そして今後の注意等が書かれており、これからも年に一度の検診を受けるようにと
書かれています。

それからは私もまじめに毎年付属の検診センターで検診を受けていたのです。
こちらは自費ですが、乳腺部門だけでしたらそんなに高くありません。
・・・が、2013年3月、いつものように検診を受けたのですが・・・
結果はその日に出るので今年も無事かな~と思いながら診察室へ
担当の女医さん、結果を見て、ちょっとおかしいのね、精密検査をしたほうがいいわ!
と言われ、有無を言わさず次の週の本院での再検査の予約を入れてしまいました。

付属の検診センターなので何かあればすぐに本院に予約が出来ます。
中々予約を取るのが大変な有明、こういうときはとっても助かります。
そして再検査の結果は・・・

次回に続きます・・・
[PR]
by days_aloha | 2015-07-20 16:02 | Hawaii2015 | Trackback
f0352712_14515582.jpg

今回も画像と本文は関係ありません、大好きなカウアイクッキーです。

さて、2003年10月末バニアンでの1ヶ月の滞在も過ぎ島に向かいました。
島でもしばらく滞在する予定でしたが、思った以上に症状も悪くなり
終には左胸全体を覆うような膿瘍になり出血までして来ました。

もうこのままではいけないと私自身も感じていたので、日本の主治医に
電話をしてアドバイスをもらうことにしたのです。
その一方で一度島の病院でも診てもらうことにしました。
この時は知り合いの方達に本当にお世話になりましたが
私一人では無理だったと思います。

島の病院ですが多分公立病院(州立・郡立)だったと思います。
ドクターは白人の50代くらいの方でとっても感じのいい方でした。
が・・・、私を診察するやいなや首を振り(アメリカ人がよくするもう駄目~)
という仕草です(笑)
私自身はそんなはずはないと思っていたし日本の主治医も私の話を聞いて
そんな急を要するような見解は示していなかったので少し意外でした・・・

結論としては此処でオペをするなら7800ドル(手術代のみ)翌日退院の場合です。
え~~、翌日退院したら点滴どうやって管理するの~、&この場合左全摘ですから
もっと大変~!!
アメリカの病院は保険もなく入院すると入院費がとっても高額になるようで、
それで翌日退院と言ってくれたのだと思います。

とりあえず考えることにして、今回の支払いは50ドル
こちらも良心的な金額でした。
病室を出るときにドクター、私と握手して軽いハグをしてくれ
「がっかりしないで頑張れよ~」的な声を掛けてくれたのです。まったく嫌味はありません。
日本の先生がやったらセクハラもの?ですね~(笑)

それで結局もう一度日本の主治医に電話をしてその週の外来の予約をして
帰国することにしたのです。
島での滞在、約2週間弱、色々な方にお世話になり、また自分自身の反省を含めて
勉強になったハワイ滞在でした。

いま、思えばこの時の手術代8000ドル弱もアメリカの医療事情を考えれば
良心的だったのかと思います。

そして11月10日、日本に帰国したのですが、その日から入院・手術まで
怒涛の忙しさが続くのです。

次回に続きます・・・

More ちょっと嬉しかったこと
[PR]
by days_aloha | 2015-07-16 15:39 | Hawaii2015 | Trackback
f0352712_16233496.jpg

今日は本文からクリニックの話です。
前回まで続きとしてましたが記事を二つ書くのに疲れたので^^今日はこちらで。
画像は本文とは関係ありません、今回のハワイで行きそびれたカフェ ボガーツです。

さて、上野クリニックに行くと先生は今、往診中ということで少し待ちましたが
すぐに戻って来たようで、診察室に呼ばれました。

(ワイキキ周辺のクリニックは旅行者が多いので、具合が悪くて起きられず診察に
来られない人のために往診する場合が多いのです。)
先生は地球の歩き方シリーズのロングステイ本にも紹介されていたジョン先生でした。

すぐに今までの経緯と症状を看護師さんに訳してもらいながらわかるところは
私も説明したところしっかりと把握してくれて治療に入ることに。

この時の治療は胸に局所麻酔をして、今溜まっている水を全部抜くということで
出来るだけしっかりと抜いたのですが、麻酔をしていても物凄く痛かったことを
覚えています。
そしてしっかりテープで固定して処置してもらい、薬は抗生物質と塗り薬を
だしてくれました。
この日の治療はこれで終わりで明日またくるようにと言われました。

そして支払いですが、麻酔もしたので凄く高いと思ってハラハラ(笑)していたのですが
意外にも187、45ドルという金額でした。

そして翌日は様子をみて、これからまだ島に行くなら手当てするガーゼや薬等が
必要でしょうということで約2週間分ほど出してくれました。
この時の支払いは57、29ドル、旅行者なので大変でしょうということでディスカウント
してくれたのです。
二日間の治療で約250ドル弱です。

これらの治療は一切旅行保険は効きませんからアメリカでの治療費としては
とても良心的だったと思います。

思えば、この時点で日本に帰るべきだったのですが・・・
バニアンでの1ヶ月も過ぎて予定通り島に行くことにしたのです。

後日談・・・この上野クリニックその後移転したようで今何処にあるのか
わかりません。
とても良くしていただいたので一度お礼にと思っていたのに残念です。

次回に続きます・・・
[PR]
by days_aloha | 2015-07-14 16:59 | Hawaii2015 | Trackback
f0352712_8391637.jpg

関東地方、急に暑くなって正直バテています。

さてフードパントリーの入口に前からあるハイステーキ
今回初めて買ってみました。
皆さんの評判ではお値段以上の価値があると口コミに書いてあったので。
いつも夕方になると並んでいるので少し早めに行ってゆっくり買うことが出来ました。

ステーキプレートが10ドル前後、確かにお安い、私は意外にロコモコが美味しいと
聞いていたのでロコモコにすることに・・・
結果は・・・やっぱりステーキプレートにすれば良かった。
次回はそうしよう!と思ったのですが・・・フードパントリー来年早々クローズとの情報

ワイキキ周辺で徒歩圏で行けるスーパーはここだけ、是非残して欲しいですね。
次回のハワイまであるかしらね~。

More 前回の続き その2
[PR]
by days_aloha | 2015-07-13 09:08 | Hawaii2015 | Trackback
f0352712_2136049.jpg

メリーモナーク期間中にハワイに行ったのは今回で2回目
今回も毎晩観てしまいました。

姉はもう一生分、フラは観たからもういいわ!と言ってましたが
何故か私は自分がフラをやっている訳ではないのに飽きることはないです。

今回、ハワイ島にいる時はまだ前夜祭とかで、オアフに渡った日がコンペの初日
運悪く初日だけ見れず・・・(怒)
だってリモコンの電池が切れてたんですよ!
翌日すぐにスタッフに持ってきてもらいました・・・とんだハプニングでした(笑)

More 前回の続き・・その1
[PR]
by days_aloha | 2015-07-10 22:22 | Hawaii2015 | Trackback
f0352712_8533556.jpg

画像はジャガー博物館前のオヒアレフア、この少し横の方で転びました。
オアフに移ってからも毎日バンドエイド取り替えていたのですが、すっきりと
乾かずじくじくとにじんでいたのです。

やっぱり一度診てもらおうと、DFS6階にあるワイキキメディカルクリニックに
3日目の午後に行くことにしたのです。
旅行保険の控え・パスポート・日本の健康保険証と揃えて行きました。

実際には旅行保険の控えだけ渡して、問診票に書き込み受付に提出
先生は往診中で、その後予約の人が一組いますがどうしますか?と聞かれたので
そのまま待つことにしました。

その後すぐに先生は戻って私の番になり呼ばれました。
ドクターはクリス 葉(イェー)先生、中国人の方です。
先生: miliさんは〇〇市にお住まいですか?
私  : はいそうです。
先生: 私は千葉大の出身なんですよ。
私  : はい~、知ってました・・・近いですね~、

何だか親近感が湧いて、日本語も堪能な先生なので安心~。
転んだ場所、状況などを聞かれて、多分今のところ問題ないでしょうとのことで
化膿止めとバンドエイドを数日分出していただきました。

支払いに関しては、ありませんでした。
旅行保険の範囲内でで手続きしていただけるとのことです。
その後、日本に帰る頃には傷も良くなってきましたが、両膝の内左膝に関しては
はっきりと今でも痕が残っています。
今更ながら、あの時本当に強い力が加わったのだな~と思うのです。

ハワイでのクリニック行きは今回の前にも12年前にありました。
もう一つのブログで詳しい治療や金額に付いて聞かれたのですが、その時は
治療の内容を書くには今までの私の病歴を詳しく書かないとわかってもらえない事
その他にも理由があったので支払った金額だけを書きました。

でもここでは詳しく書いて同じ病気の人も海外などで掛かるときの何らかのお役に
立てればということと私の記録にもなるので書いておこうと思います。

でも、私の病歴って箇条書きにすれば7~8行くらいで済みますがここではその時の経緯や
心情なども書きたいのでと~~っても長くなりそうです。
それで旅日記と並行して毎回、つづき・・として数回に分けて書いていこうと思います。
なので、興味のない方はスルーしてくださいませ。

と、ここまで書いてきて今回から書こうと思っていたのに何だか前章が長くなりすぎて・・・
疲れてしまい(笑)次回から書いていくことにしますね。
[PR]
by days_aloha | 2015-07-09 09:35 | Hawaii2015 | Trackback

ハワイの旅、日々のことそしてときどきキルト


by days_aloha
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31